【効果あり】出窓の寒さ・結露対策には二重窓キットで対応しよう

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

みなさんこんにちは。

さとうしです。

出窓の寒さ、結露にお悩みはお持ちでしょうか?

我が家には北向きの部屋がありますが、出窓から冷気を感じますし、窓もサッシも結露がびっしりになります。

冬の時期、毎日結露を拭けば良いのですが、ズボラな私はそれができずところどころカビが生じてしまいます。

出窓の寒さ、結露の対策のため、家にある材料で二重窓を作ったことがあります。

さとうし
さとうし

若干効果はあったと思っていますが、失敗でした。。。

今回はその失敗を教訓にし、二重窓キットを取り付けた内窓について紹介したいと思います。

出窓の二重窓キットの効果

私の結論として、

「取り付けて良かった!」

になります。

以下は私独自の評価になります。

評価コメント
結露の状態 窓(ポリカ中空ボード)下部にあり
冷気の遮断 遮断していると考えられる
窓の動き 比較的スムーズ
作業の簡易具合 工具が必要
注意点 購入時と使用時に注意点あり
総合評価 寒さ結露対策に効果あり
さとうし評価

窓部分にあたる中空ポリカは別途購入が必要です。

中空ポリカ購入については以下をご参照ください。

  結露の状態

写真のように窓の下部のみうっすらと結露があります。

この程度ならやり過ごせる状態です。

結露について以前と比較すると雲泥の差ですね。

もちろん、外気温が低い場合はもっと結露が出るかと思います。

二重窓設置後
二重窓キット設置前

  冷気の遮断

冷気の遮断については体感ですが、出窓方面からの冷気は感じなくなりました。

窓と二重窓を直接触って比較すると、やはり窓の方が冷たく感じます。

室内(二重窓近く)、ガラス窓と二重窓の間、外気、それぞれの場所の温度は以下のようになっていました。

【室内二重窓近く】
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 15.1度
時間帯 : 午前9時30分前後
【ガラス窓と二重窓の間】
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 11.2度
時間帯 : 午前11時前後
【外気】
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 9.2度
時間帯 : 午前11時30前後

単純にこの気温差が効果を示していると正しく判断できるかどうか不明ですが、窓と二重窓の間で寒さの緩衝エリアを作っているように思えます。

  窓の動き

特に引っかかったり、ガタガタすることはないです。

  作業の簡易具合

下記記事に詳細がありますが、工具が必要になります。

また作業にはある程度の精度は必要になると思います。

  注意点

購入時と使用時の注意点が2つあります。

この二重窓キットについては、あくまでもフレームのみです。

窓部分にあたる中空ポリカについては別途購入する必要があります。

また二重窓はしっかり閉めてください。

少しでも隙間が空いてると窓側のガラス窓、サッシにびっしり結露が発生します。

まとめ

冷気と結露対策として十分に効果があると思います。

作業は工具が必要で、中空ポリカを別途購入するなど手間はかかりますが、それでも作成できて良かった思っています!

冷気もなくなりましたし、結露についてもほとんど発生しません。

朝に出窓の結露拭き掃除もなくなりました。

11月から3ヶ月から4ヶ月程度は結露が発生するので、時間の節約にもなると思います。

私は満足しております!

ちなみに二重窓の開け閉めは取っ手をつけた方がよりスムーズにできます。

いい感じだと思います!

ご覧くださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA