【断熱効果バツグン!?】断熱対策に二重窓を設置してみた

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

みなさん、こんにちは。

さとうしです。

大きな掃き出し窓からの冷気、そして結露。

どうにかそれらの対策をしたく、掃き出し窓に二重窓を設置してみました。

ちなみに出窓を二重窓にした記事もよろしかったらご覧ください。

掃き出し窓の二重窓DIYキットについて

設置した感想としては、冷気を緩和させることができているので、満足しています。

私の独自評価は以下になります。ご参考になれば幸いです。

評価コメント
結露の状態 窓(ポリカ中空ボード)の半分以上に結露が発生
冷気の遮断 遮断していると考えられる
窓の動き 滑車がついているためスムーズ
作業の簡易具合 作業に難しさがあり
注意点 購入時と使用時に注意点あり
総合評価 寒さ対策に効果あり。設置する価値はあり
さとうし評価

窓部分にあたる中空ポリカは別途購入が必要です。

中空ポリカの購入については以下をご参照ください。

  結露の状態

写真のように冬の寒い時期になると窓にあたる中空ポリカボードには結露が発生します。

結露を拭く前と後の違いに下のようになります。

かなりの結露が発生するため、毎日拭く必要がありますね。

こういった吸水性の高い道具を使えば日々の結露取り作業の助けになると思います。

  冷気の遮断

こちらも出窓と同じですが、【室内二重窓近く】【ガラス窓と二重窓の間】【外気】それぞれの温度で比較してみました。

室内二重窓近く
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 10.6度
時間帯 : 午前7時45分前後
ガラス窓と二重窓の間
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 7.5度
時間帯 : 午前8時15分前後
外気
時期 : 2024年1月上旬
温度計 : 5.8度
時間帯 : 午前8時50分前後

出窓の二重窓キットと同じになりますが、二重窓(中空ポリカボード)と外側の窓を触ると冷たさが違います。外側はとても冷たいですね。

冷気を抑えているのは間違いないと思います。

  窓の動き

フレーム下部に滑車がついています。

それもあり、かなりスムーズな動きです。

  作業の簡易具合

作り方は商品の組立説明書がありますが、作業自体はやや難しいと思います。

また工具も必要になります。

購入した工具一覧

・樹脂製品と金物をカットできるノコギリ

・ゴムハンマー

・マスキングテープ

・布ポリマスカー

準備

作業の前の準備です。

細かいカットくずなどが出ることが想像できるため、床を養生をいたしました。

もちろん新聞紙などでも良いと思いますが、布ポリマスカーを使用いたしました。

使用したことがある方はご存知だと思いますが、壁や巾木などに緑色部分のテープをつけてカットします。

あとはビニール部分を伸ばすだけです。

念の為、マスキングテープを壁紙に貼り、その上にマスカーを貼っています。

窓枠の寸法・フレーム類のカット点を取る

ご自宅の窓枠の寸法を取り、それに合わせてフレーム類もカットします。

慎重に行くのであれば、少し長めにカットしましょう。

理由は分かると思いますが、修正ができるからです。フレームが長いようであれば、少しだけカットをするなど微調整をしましょう。

ただ、若干の遊びがあるので、少し短くなってしまっても大丈夫かと思います。

フレーム類をカットする

カットする線を引いたら、写真5のような金ノコでフレーム類をカットしましょう。

この時に細かな切りカスが出るので、マスカーの養生だけでなく、カスを受ける物も用意しました。

ただのタッパーにラップを引いています。

またフレームはカットした部分にバリが出ますので、ヤスリをかけて滑らかにしています。

窓枠にフレームを設置

カットしたフレームを窓枠に設置していきます。

私は両面テープを直接窓枠に貼り付けずに、写真9のような養生テープを窓枠に貼りました。その上に両面テープをつけたフレームを取り付けています(写真10,11,12)

養生テープについては「水に強い」という言葉があったのでポチってしまいました。

窓枠のダメージを少しでも軽減できるようであれば、養生テープを貼り付けた方が良いかと思います。

中空ポリカ用フレームの取り付け

窓部分にあたる中空ポリカは別途購入が必要です。

メーカー推奨の4mm中空ポリカに窓枠用のフレームをはめていきますが、これがかなりキツイです。

私の場合、横から叩き入れるようにフレームを取り付けていきました。

かなり叩き入れましたので、ゴムハンマーがかなりダメージを受けていました。

また、長さのある縦方面は歪みを抑えるアルミフレームにも両面テープをつけて中空ポリカ側のフレーム被せるように取り付けます。

さとうし
さとうし

2つ作成しますが、結構大変です•••。ここが頑張りどころです!

完成

レールに作った窓をはめ込みましょう!

滑車もつけて、ここで動きに問題なければ完成です。

あとは窓を引くための取っ手をつけます。少し手にひっかりにくいので、別途取っ手を購入しても良いかもしれませんね。

注意点について

何回もやってしまうのですが、この二重窓が少しでも空いていると外側の窓にも結露がびっしり発生します。

空気の入れ替えなどで窓を開けることがあると思いますが、その時は二重窓を隙間がないようしっかり閉めてください。

うっかり、隙間がちょっとでもあると下の写真のように、びっしり結露が窓側につきます。

これをやってしまうと朝からガックリきます。

まとめ

二重窓としての役目は果たしているので、設置はアリ!!

設置してからはある程度、冷気は抑えられていると思います。

また結露も以前と比べれば少ないです。窓枠のサッシなど以前はビショビショだったものが、中空ポリカ部分の拭き取りだけになりました。

また作成するには工具と作業時間が必要です。

コストと労力の負担はありますので、業者に依頼する、もしくはカーテンで対応をするのが良いか検討しても良いかもしれませんね。

私としてはオススメできる二重窓KITではあります!

ご覧くださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA